顾桦之

带着你一起走向青春。

《二律背反》收录曲目歌词整理

留份啊

perilla:

01   -=夢地図=-




作詞・作曲:40mP


編曲:レブティモンスター




現実に躓いて 夢の前で転がって
うまく辿り着けなかったとして
原因はいつだって僕の内側にあって
打開する術をいつも探してる

生まれた場所から死んでいく場所まで
そんなに離れていないのに

遠回り 何度目だ
いつだって迷い続けてる
今僕が作り上げるものすべて
無に還ってく

高い壁にぶつかって 迷う度見失って
大切なものはいつも出発地点に忘れてる
振り向いて気がついた あの空の向こうに
僕が夢地図に描いたその景色はあった

遠回り 今さらだ
そうやって此処まで来たんだろう
今僕が作り上げるもの全て
無に還っても

苦しんで紡ぎ出す
旋律の一つ一つが
僕のこのココロを
空の向こうに連れてゆくんだ




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




02   -=金曜日のおはよう=-




作詞:shito/Gom


作曲:shito


編曲:棚橋UNA信仁




おはようのオーディションして
髪型もバッチリOK
金曜日は頑張らなくちゃ
だって2日会えないからね

8:00 2車両目お気に入りの特等席
隣の人眠そうですね そんな日常
8:07 開くのは向かいのドア息を呑む
言いかけてた“その言葉”は今日も逃げた

きっかけシンプルでいいのに意気地ないな
勇気のテスト乗り越えなきゃ 逃げるなって…

おはようのオーディションして
弱虫な自分に勝って
金曜日は頑張らなくちゃ
だって2日会えないからね
眠そうな君を見てる
それだけで満足しちゃって
ダメだって「頑張らなくちゃ」
そっと声に出してみた

8:00 2車両目座られてた特等席
ついてないな 空模様まで泣きそうです
8:07 準備まだ、ちょっと待ってドキドキが…
震え混じり“その言葉”はかき消された

雨宿り立ち尽くす僕に「傘をどうぞ」
君は少し恥ずかしそうに下を向いた

「ありがとう」震えていた
練習してない言葉言えたから頑張らなくちゃ
だって2日会えないからね
大好きな君を見てる
それだけじゃ満足しなくて
月曜日頑張らなくちゃ
そっと声に出してみた

夢では自然に話せるのに
勇気のテスト乗り越えるから少し待ってて

おはようのオーディションして
髪型もバッチリOK
8:07に君を待ってる
だって今日は言えるから
おやすみも言いたいけれど ちょっと待って
大好きな言葉なんだ
だって君に会えるからね




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




03   -=ポプラの丘に風が吹く=-




作詞・作曲:伊東歌詞太郎


編曲:nishi-ken




ポプラの木の下で手をつなごう
いつかは君と僕も笑顔で会える

街の隙間に落ちていく日々に そっと
柔らかい風が吹き抜けてた
いつのまにか季節は巡りまた変わる
秋の風が僕を追い越した

何もかもが うまくいくわけじゃないけど いつもall right
君の言葉を胸に刻んで 歩き始めるのさ

ポプラの木の下で手をつなごう
いつかは君と僕も笑顔で会える
ポプラの木の下で手をつなごう
世界はきっといつか一つになれる

幸せの形を探し人は歩く
そんな大したことじゃないけど
同じように見える日々の中にひそむ
ささやかな笑顔を集めてさ

自分らしく生きるため涙を流すことも all right
少しずつでも取り戻すのさ 人を愛する心

ポプラの木の下で手をつなごう
いつかは君と僕も再び会える
ポプラの木の下で手をつなごう
世界は出会い別れ繰り返すのさ

今でも思い出す幸せな日々
僕にはかけがえのない宝物だよ
どれだけ時がたち季節が巡り
忘れず変わらぬままここにあるもの

ポプラの木の下で手をつなごう
いつかは君と僕も笑顔で会える
ポプラの木の下で手をつなごう
世界はきっといつか一つになれる




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




04   -=ハッピーシンセサイザ=-




作詞・作曲:BETTI


編曲:棚橋UNA信仁




ハッピーシンセサイザ 君の 胸の奥まで 
届くようなメロディ 奏でるよ

儚く散った淡い片思い 
笑い話だね 今となれば 
見る物全て 輝いて見えた 
あの日々がキレイに 笑ってるよ

我慢する事だけ 覚えなきゃいけないの? 
「大人になって頂戴ね?」 ならなくていいよ 
知らない事ばかり 知らないなんて言えなくて 
「大変お似合いで」 ウソついてゴメンね

ハッピーシンセサイザ 君の 胸の奥まで 
届くようなメロディ 奏でるよ 
つまらない「たてまえ」や ヤな事全部 
消してあげるから この音で

何の取り柄も無い 僕に唯一つ 
少しだけど 出来る事 
心躍らせる 飾らない 言葉 
電子音で伝えるよ

好きになる事 理屈なんかじゃなくて 
「こじつけ」なんて いらないんじゃない? 
時代のせいと 諦めたらそこまで 
踏み出さなくちゃ 何も始まらない

「ゴメンね夜遅く 寝るところだったでしょ?」 
「驚いた 私もかけようとしてた」 
心の裏側をくすぐられてるような 
惹かれあう2人に 幸せな音を

ハッピーシンセサイザ ほらね 楽しくなるよ 
涙拭うメロディ 奏でるよ 
強がらなくたっていいんじゃない? 別に 
自分に素直になればいい

何の取り柄も無い 僕に唯一つ 
少しだけど 出来る事 
ちょっと照れるような 単純な気持ち 
電子音で伝えるよ

ハッピーシンセサイザ 君の 胸の奥まで 
届くようなメロディ 奏でるよ 
つまらない「たてまえ」や ヤな事全部 
消してあげるから この音で

何の取り柄も無い 僕に唯一つ 
少しだけど 出来る事 
心躍らせる 飾らない 言葉 
電子音で伝えるよ

ハッピーシンセサイザ ほらね 楽しくなるよ 
涙拭うメロディ 奏でるよ 
強がらなくたっていいんじゃない? 別に 
自分に素直になればいい

何の取り柄も無い 僕に唯一つ 
少しだけど 出来る事 
ちょっと照れるような 単純な気持ち 
電子音で伝えるよ




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




05   -=僕は初音ミクとキスをした=-




作詞・作曲:みきとP


編曲:JIN/棚橋UNA信仁




伝えきれない事は きっとわかってるのに
どうして熱が冷めないの
そう 前に 前に手を伸ばして 今日も 今日も出来なくって
四畳半の部屋で 独りきりで哭いた
僕はそんな そんな意気地ない世界を 歌を
誰かに唄って欲しかった

東京に来たのは 2月の終わり頃で
目下すべき事は 仕事探しだったりする
伝えたい事なんて 実は少ない事を
後ろめたく思いながら

ねえ なんで なんで繰り返すの 若いフリを続けるの
そんな自問自答 胸を荒ませていった
僕は こんな こんな丸くなった猫背が
本当の僕だと 認めてしまたってた

証明できない 自分を感情
言葉にしてみても どうか違う
求めてるばかりの 日々だと気づいた
それじゃダメ 変わるの自分だ

ねえ 東京も慣れたよ 恋人はいないけど
心亡くさなずにやってるよ

そして 前に 前に手を伸ばして 今日も 今日も出来なくって
七畳半の部屋で 独りきりで哭いた
僕はそんな そんな意気地ない世界も 歌も
誰かに 届けてみたくなった
届けていられたら




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




06   -=Everything's gonna be alright=-




作詞・作曲:伊東歌詞太郎


編曲:レブティモンスター




目を覚ましたら今日はどこか出かけよう
たとえ空が泣いていてもどこに立っても
君がいなきゃなにもはじまらない さぁ踏み出せ未来へ

シャラララララ歌をうたおうぜ
僕にとってはいつも通り
夢みたいだろう 君はおとぎの国で
嘘じゃないんだぜ お姫様

誰かのために生きていけば
この世界はなんだか素晴らしい
長すぎる夜が明けるまで
涙はぐっとこらえて 今こそ笑おう

Everything's gonna be alright
なんかきれいな言葉に埋もれたい
何が正しいか知っているんだ
Everything's gonna be alright
なんか浮かれた気分でHold me tight
君が欲しいのはいったいなんだい
世界は姿変えていくけれど 怖がらないで

ただいまからおかえりの間にできることは少ないね
終わりのないプレリュードみたいに続いていく 進めMY LIFE

夜ごと繰り返す愛言葉
とめどなくあふれるこの気持ちを
恥ずかしがらずに飲み込んで
できればそっと伝えて 怖がらないでさ

ONE LOVE 欲しがって
TWO HEART 背を向けて
THREE PEACE 手を取って
FOR YOU あなただけ

きっと気づかずに一つずつ変わってく
そうだ 思うまま一つずつ重なってく
Everything's gonna be alright
なんかきれいな言葉に埋もれたい
何が正しいか知っているんだ
Everything's gonna be alright
なんか浮かれた気分でHold me tight
君が欲しいのはいったいなんだい
世界を紡ぐ物語を終わらせないで
世界は姿変えていくけれど怖がらないで




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




07   -=Replica=-




作詞・作曲・編曲:40mP




引き千切って掻き消した
古い地図の断片を
何度も繋ぎ合わせてみる

憧れて書き足した
高い山の頂上(てっぺん)は
今でも捨てられなくて

不完全なものばかりを
このカバンの中詰め込んで

意味のないことばかり繰り返したって
積み上げてきたものが崩れ落ちたって
砕け散ったカケラ握り締めたまま
諦めもせず僕をやり直すよ

この羽がきっと作り物だと知ったって
歩き続ければいつか風が吹いて
僕の背中押して涙を拭って
また大空へ羽ばたける
その日を信じてる

重い荷物放っぽって
倒れこんだ瞬間に
誰かが後ろ指さしても

不器用な足取りで
ここまで辿り着いた
僕の歩幅で

ねえ、完全なものばかりで
この両手が汚れてしまうその前に

この声がそっと誰かに届くように
叫び続けていつか枯れ果てても
泥だらけになって掴み取った一瞬を
繋ぎ合わせて僕をやり直すよ

意味のないことばかり繰り返したって
積み上げてきたものが崩れ落ちたって
散らばったカケラ拾い集めては
呆れるくらいに僕をやり直すよ

この羽がきっと作り物だと知ったって
歩き続ければいつか風が僕を運んで
絡みついた限界を振り切って
また大空へ羽ばたける
その日を信じてる




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




08   -=さくら=-




作詞・作曲:伊東歌詞太郎


編曲:nishi-ken




誰からも愛されてる花
眺めても気持ち上の空
ゆらゆらと心はうらはら
彷徨うばかり

人付き合いを教えておくれ
笑われて後ろ指さされ
ふらふらと人波におぼれ
ここにいさせてよ

精一杯 夜はやさしく
一人きり膝を抱えたまま

見えないように そして聞こえないように
錆びた心の中を隠せるかな

さくらの花びらが舞い散って
永久に変わらぬ思いを知って
終わりより始まりを見よう

月に照らされた姿は
例えようなくまぶしくて
僕は君に恋をした

よく見ればさえないこの部屋
それでもまぁ大切な場所さ
いつまでもいつまでもここにいたくはないし

このままじゃなにも始まらない
かといって終わることでもない
そうつまり僕のトンネルは
始まる前さ

いっさいがっさい味わったら
何が幸せかわかるのだろう
今はただ泣き出しそうな
空を眺めては雲を数えたら

お願いだ聞かせてくれ
どうしたら僕は愛されるんだろう
ばれないように声に出したんだ
答えなんてないのは知ってたけど

桜の花びら見上げて
永久に変わらぬ孤独を知って
一つだけ大人になった

苦し紛れに呟いたんだ
明日はきっと晴れるんだって
君にだけ聞いてほしい

さくらの花びらが舞い散って
永久に変わらぬ思いを知って
終わりより始まりを見よう

月に照らされた姿は
例えようなくまぶしくて
僕は君に恋をした




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




09   -=親愛なるフランツ・カフカに捧ぐ=-




作詞・作曲:伊東歌詞太郎


編曲:nishi-ken




さらばユニヴァース羽を広げ 目の前から消えていった
また同じような朝が来ても 何も知らないまま

きっと天使か悪魔だろう この世界それ以外いないだろう
またいつかどこかで会えるから 泣いて 泣いて 笑って

だけどだけど本当に陽は昇るの?
もしももしも雨が止まないなら?
君も同じ気持ち抱えて そっと震えてるなら

大丈夫だと聞かせてくれ 終わりの見えない渦に飲まれ
一人じゃ誰も生きられない そんなことはもうわかっているんだ
誰よりも強くありたいと 誰にも縛られたくないと
思うほど弱い僕がいる ただ歌いたい 優しい歌

人と同じような幸せ 見つかると信じてたのに
違うものばかりが愛しくて 抱いて 抱いて 感じて

いつか本当の愛を知るなんて
誰も本当の愛は分からない
君も僕も知らないままで温めあうだけ

さよならが一番怖いから 言われてもただ歩いたけれど
涙とともに仕舞い込んで 大人になれと呟いた
寂しくなる前に花束を 罪深き僕らに十字架を
せめて流れ星に願いを ただ歌いたい 優しい歌

大丈夫だと聞かせてくれ わがままだけど君の声で
一人じゃ誰も生きられない そんなことはもうわかっているんだ
誰よりも強くありたいと 誰にも縛られたくないと
思うほど弱い僕がいる ただ歌いたい 優しい歌を




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




10   -=しゃったーちゃんす=-




作詞・作曲:みきとP


編曲:棚橋UNA信仁




本当はお互いに 見返りを求めてたんだ
なんでも話をしたのに 僕ら手を離す
小雨のふる街 君はまだ暮らしているの
偶然会うとこわいから きょろきょろしちゃうよ

雨露したたる 薄濡れの花が

またひとつ咲いて ひとつ枯れた
大袈裟に変わる空の色に
ふざけんなって何度もカメラ向けて
雨上がりの虹は僕に盗まれた

答えも出せずに 裸を重ねたいつかは
大きな間違いだった事 今ならわかるよ

―楽しそうな顔 他でみせないで。

だけどそれも終わり さよならした
呆れて涙もでないだろう
情けなくて ダサくて 子供じみた
言い訳を探して 僕は

またひとつ咲いて ひとつ枯れた
大袈裟に変わる空の色に
ふざけんなって何度もカメラ向けて
雨上がりの虹の向こう
前を見る君の瞳に 完敗だ




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




11   -=ぼくのほそ道=-




作詞:伊東歌詞太郎


作曲・編曲:みきとP




会いたいなふらりと旅に出よう?
おっと危ないね 仮面が外れそう
君にしか見せないよ 僕の本当の顔は

冗談を飛ばしながらいこう
おっと危ないね 飛ばせば捕まるぞ
風と共にいつかはたどり着ける気がした

こうしてI know You know
知って僕らはゆらりゆらり行くよ
宗谷岬風が強い それでも歌った
そしていつかきっと時が経てば少しずつ色褪せ
セピアに染まって笑おう

最先端 僕らの時代では
いっそ最西端 ハテルマで抱き合おう
恥の多い生涯だ かき捨てていけたら

生まれたとき僕らはすでに旅に出てた

どうやったって愛の才能
見つからないからふらりふらり行くよ
与那国は台湾まで手をつなげそうだ
そしてもっともっと僕らは納沙布岬を越えて
迷子になって笑おう

つわものも夢に消えて
松島の月も曇って
つれづれにならない人生

だからこそ旅は楽し
僕は何でこんな地に足着けずふらふらしてるの
家の中猫たちだけ待ち続けている
そうだやっと見えてきたぞ 旅に出る理由がほら
君に会えるなら幸せ
もう二度と言わない




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




12   -=カナリア・シンデレラ=-




作詞・作曲・編曲:buzzG




振り返らずに聞いて 涙を見せないことが
偉いことだなんて思わないで
想像だけで作った一人きりの傷つかない世界
それも一つの正解だろう

魔法をかけるから少しだけ聞いていて

ただ君に恋してる 隠さずに伝えたいよ
幾つもの明けない夜を飛んできて
ボロボロの体温で辿り着いた答えを
12時の鐘の音が鳴る前に教えて

きらびやかなドレスや作り笑顔
そんなものでもう着飾ったりしなくてもいいんだ

嫌われないようにうまく生きることが
どんなに寂しいことか血液は知っていた

その声に恋してる 迷わずに歌ってよ
頼りない鼓動を宿したカナリア
時代の支配者が望んでないとしても
今ここに在る音は僕らだけの…

時の趨勢は残酷で世界は色をなくしていく
置き去りのガラスの靴は閉ざされた僕らを繋ぎ止める奇跡の地図

そんな顔はしないで 立ち止まらずに行っておいで
大丈夫 とびきりの笑顔見せて
例え君の手を誰が引こうとも色褪せることのないもの

今君に恋してる 隠さずに伝えたいよ
虹色の光を纏ったカナリア
ボロボロの体温で手に入れた答えは
鐘の音が鳴ろうとも 僕らが終わろうとも
解けることのない魔法さ 忘れないでいてよ




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




13   -=I Can Stop Fall in Love=-




作詞・作曲:伊東歌詞太郎


編曲:nishi-ken




思い出せば夏の日差しが強すぎた日で
朝から少しめまいがひどかったんだよそうだろう?

夏の魔物は甲子園にもいるっていうから
7月が苦手な僕に追い打ちをかけた

ショートカットしてメリーゴーラウンド
また途切れ途切れ 夢を見る

ダーリンなにも手につかずに困りますね Help me! Jesus! Jesus!
当然夜は眠れないし酔わされてるようだ なんで! なんで!
冒険しよう旅に出よう どこにいけばいいの Tell me! Tell me!
一寸先が闇だなんて五里先も夢中さ May day! May day!

左利きのあいつはとても能天気でいいよな
気が付けばすぐ眠りに落ちてるなんていいよな

ノストラダムスの予言も7の月だったけど
あいつは同じバンドのドラムに恋をしてたな

エゴンシーレの絵を買ったって
夢まみれまみれ 満たされぬ

ダーリン誰にも話さずに抱えたまま Help me! Jesus! Jesus!
だっていまさら変えられない まだら模様一切合切頂戴
ぼうや良い子だねんねしろ それで済めばいいじゃん?
all right! all right!
絶対避けなきゃならぬのは心の中いっそ Say your name

世界中あふれたシューティングスター
陽炎がゆらり ゆらめいて

ダーリンなにも手につかずに 困りますね Help me! Jesus! Jesus!
当然夜は眠れないし酔わされてるようだ なんで! なんで!
冒険しよう旅に出よう どこにいけばいいの Tell me! Tell me!
思わず君の名前を呼ぶ もはやこれまでの ようだ

あぁ、まるで恋じゃないか?




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




14   -=パラボラ~ガリレオの夢~=-




作詞:伊東歌詞太郎


作曲:伊東歌詞太郎/nishi-ken


編曲:nishi-ken




まだ君の不安が消えないで
目を伏せたまま歩きだすなら
かすかに残るあの星を見つけて

まだ悲しみの海の中で
言葉の波におぼれてるなら
そのままでいて まだ終わらないから

誰も君のこと邪魔しない
でも誰も君を助けはしない
譲れぬものがただそこにあるだけ

果たされない約束
冴えない僕の宇宙船も
飛びたてる日を待ってる いつまでも

そうだ僕らに届く光は
死ぬほど冷たい空を越えて
少し曲がりながら進んだ
まるで僕たちのように消えそうでも

悲しみの意味を知るたびに
希望の喜びがわかるから
まるで明日を照らす光と影さ

相変わらずこの場所で
数えきれないほどの
ノイズに混じった言葉を探してる

いま空のかなたで生まれた
新しい星とひきかえに
果てなき道の途中で消えた
去りゆく星の光も焼き付けたい

誰かが捨てた未来 星になった
夜の闇に消えた無数の星
誰も信じちゃいない夢だけれど
あぁ まるでガリレオの夢

そうだ僕らに届く光は
死ぬほど冷たい空を越えて
少し曲がりながら進んだ
まるで僕たちのように飛び続けた

最短距離を進みながら
永遠に君を照らす 星の光




--------------------------------伊東歌詞太郎-------------------------------




15   -=僕だけのロックスター=-




作詞・作曲:伊東歌詞太郎


編曲:ゆりん/棚橋UNA信仁




子供の頃憧れてた テレビの中のシンガー 
夢を語れば 笑われ 偉い人はNO!脳足りん 
言葉超え 気持ちを超え 君の街に飛ばすんだ 
誰も見とれちゃくれないぜ しばらくはまだNO!NO!ダーリン

大きな背中も やさしい言葉も 
遠くのむかしに忘れたけれど 
僕には叶えたい 夢があるのさ

ロックスターになれば 憧れのステージに立てる 
ロックスターになれば あの子も笑顔見せてくれる 
ロックスターになれば パパとママも笑ってくれる 
ロックスターになれば 誰かのために生きていける 
前を向け

甘いのは苦手だから 口に入れたくないんだ 
世界を変える恋があるって 僕には笑い話さ 
音の渦 飲み込まれて 心のまま叫んだ 
始まりを告げる 言葉 もう踏み出せば止まらない

大切なものは いくつもありゃしない 
よく見りゃ何にも 必要ないけど 
僕には叶えたい 夢があるのさ

ロックスターになれば あいつも僕の歌聞くんだろう 
ロックスターになれば ホントの笑顔になれるかな 
ロックスターになれば 昔の僕に胸を張れる 
ロックスターになれば 涙の数だけ強くなる

ロックスターになれば 間違いなく世界は変わる 
ロックスターになれば 寂しい夜も忘れられる 
ロックスターになれば 悔しさが幸せに変わる 
ロックスターになれば 世界一幸せになれる

ロックスターになれば

评论
热度(11)
  1. 顾桦之perilla 转载了此文字
    留份啊
©顾桦之
Powered by LOFTER